“Cannot use Accessory”の対処法

iPad

こんにちは、水珈琲(@mizucoffee)です。

最新のiOSでは「Lightning to USB 3 Camera Adapter」を使いUSBメモリを接続すると写真を見ることができます。

更にiOS13以降はファイルを操作することも可能になります。

しかし、このアダプタは電源供給が弱く(恐らくUSB 3.0の規格に準拠していない為)通常のUSBメモリは軒並み利用不可と表示されてしまいます。

Sponsored Links

エラー内容

Cannot Use Accessory

<デバイス名>: This accessory requires too much power.

原因

このエラーの原因はUSBデバイスが電力を消費しているからではありません

USBデバイスが必要だと申告した「必要な電流(mA)」を見ているようです(USBの規格にあるんですかねこれ…調べても分からなかった)。

このUSBフラッシュメモリは504mAになっています。

手元にあるデバイスで検証してみた所、「100mAはOK、200mAはNG」でした。

100mAで動くのはマウスやキーボード位なのでUSBメモリは現実的ではないですね。

対処法

さて、原因は分かりました。ではどうすれば使えるのか?という話になってきます。

対処法は至ってシンプル、USBハブを噛ませれば良いのです。

USBハブ自体は消費電力が少ないので、単体を指してもエラーを吐きません。iOSはルートデバイスの消費電力のみを見ているので、その配下にどんなデバイスがあっても気にしません。

見た目は悪いですが、普通のUSBメモリ位なら全然動作します。

但し、この方法は抜け道のような方法です。普通のハブだと思ってデバイスを繋ぐと動作しなくなりますし、デバイスによっては1台だけでも動作しない可能性があります。お気をつけください。